Blason de Terre

NEWS

ANN DEMEULEMEESTER 2009-2010 A/W Collection

L1040108.jpg

ANN DEMEULEMEESTER
2009-10 A/W Collection

■ knit
alpaca 100%
col. gray + anthracite , brown + gray , anthracite + brown
size XS
¥72,450 (69,000) – sold out

アルパカを100%使用した薄手のニット
アルパカは柔らかく弾力性に富みとても強い素材で、滑らかな手触りが特徴
品が良く繊細な印象を与えるボーダーニット

L1040116.jpg L1040125.jpg

Hidenobu Yasui 2009-10 A/W Collection

L1040034.jpg

Hidenobu Yasui
2009-10 A/W Collection

■ laser fringe dress
polyester 100%
col. black
size 1
¥113,400 (108,000) – sold out

フリンジはレーザーでカットされているため、カッティングの柔らかい表情が
優しい印象を与えるワンピース
生地は 東レの “utsアルトフィーノ” を使用し、スウェードタッチの滑らかで繊細な肌触り
着心地も軽く、動くたびにふんわり揺れるフリンジが上品で可愛らしい

bassike

L1040012.jpg

bassike
2009-10 A/W Collection

■ tank top
cotton 100%
col. wash blue , gray marl  , black
size S
¥14,700 (14,000) – sold out

背中の大きく開いたデザインタンク
柔らかいオーガニックコットンで、切りっぱなしのデザイン
お尻が隠れる長さで、スキニーやレギンスとも合わせやすく、
ブランドコンセプトでもあるデイリーアイテムとして活用度の高い一枚

Designer Deborah Sams , Mary Lou Ryan (Australia)
元TSUBIのジェネラルマネージャーとプロダクトマネージャーだった幼なじみの二人が
2006年にbassikeを立ち上げ、07 SSよりコレクションをスタート。
ブランド名の「ベイシーク」は、肌馴染みの良い上質の素材を使用し、
着て頂く方のデイリーアイテムとなれればと名付けられた。
現在ショーはシドニーのみで行っており、ショーピースよりも
”デイリーアイテム”を重視したコレクションになっている。

back style
L1040009.jpg

1st anniversary

L1010104_4.jpg

本日 Blason de Terre は一周年を迎えることが出来ました。

広尾という新たな場所でのスタートは期待も不安も沢山ありましたが、
素敵なお客様方との出会いにも恵まれ、沢山の方々に支えられて
無事に一周年を迎えることが出来ました。
心から感謝し、御礼申し上げます。

また5年、10年と積み重ねていけるよう努めて参りますので、
今後ともお付き合い下さいますよう よろしくお願い申し上げます。

Blason de Terre(ブラゾン ドゥ テール)

near. nippon

L1040021.jpg

near. nippon
2009-10 A/W Collection

■ string tanktop dress
cotton 65% / lyocell 30 % / cashmere 5%
col. gray
size free
¥24,150 (23,000) – sold out

今シーズンのコレクションの特徴でもあるループ紐がネックレスのように
何連にも重ねてデザインされたワンピース
綿をベースにテンセルとカシミアを混紡した、柔らかく肌触りの良いオリジナル生地を使用
夏には一枚でサンダルと、秋にはタートルネック等に合わせて
季節感を活かしたコーディネートを楽しみたい一枚

Designer 深山拓也・上島朋子
2000年 設立

near.とは対極の要素を近付けるの意。
二つの円の中心ではなく、いわゆる接点にこそ、ものごとの本質が濃厚に滲み出す。
それは洋服における同時代性と普遍性が同居すること。
同時代性、つまり「ファッション」は古び色褪せる。
服は本来生活に根付くもの。だから色褪せない。
どちらの円に属するのではなく、その接点でバランスをとることを
「near.nippon」に代えて発表。