Blason de Terre

NEWS

divka 2017-18A/W Collection



divka
2017-18A/W Collection

◾︎ pants
wool 59% / tasmania wool 40% / polyurethane 1%
col. khaki
size 1
¥38,000 + tax

ハイウエストからすっきりとしたラインの
ワイドプリーツパンツ
一見スカートのようにも見え、
動いた時のプリーツの表情が美しい
上品な色合いとウールの質感が
大人の雰囲気を演出してくれる一枚





◾︎ top【divka】
¥19,000 + tax

divka 2017S/S Collection

divka 2017SS Collection_BdT

divka
2017S/S Collection

◾︎ dress
cotton 82% / nylon 15% / polyurethane 3%
col. black&white
size 1
¥40,000 + tax – sold out

ストライプが印象的なデザインドレス
汗を吸収・乾燥させやすい強撚糸を使用
さらさらとした肌触りで暑い季節にも
ストレスフリーな着心地の良い素材感
伸縮性もあり、見た目に反した動きやすさで
スニーカーなどに合わせてカジュアルにも楽しめる一枚

divka 2017SS Collection_BdT

divka 2017SS Collection_BdT

divka”to whom”collection

divka 2015-16A/W Collection

L1280502

divka
2015-16A/W Collection

■ coat
wool 96% / nylon 4%
col. silver grey
size 2
¥78,000 + tax – sold out

スラブツイードのデザインコート
ところどころに不規則な綿状のある糸を使用したスラブツイードは
生地の表情を華やかにし、柔らかい印象を与える
コートを主役としてコーディネートを楽しみたい一枚

スクリーンショット 2015-09-14 14.05.36
divka 2015-16A/W Collection

divka 2015-16A/W Collection

L1280316

divka
2015-16A/W Collection

■ skirt
rayon 50% / cotton 40% / silk 10%
light grey , black
size free
¥18,000 + tax – sold out

ドレープと生地の落ち感がユニークなデザインスカート
裾で生地を輪にして、折り返し二重に仕立てられている
カットソー生地で柔らかく、脚の動きによりヘムの見え方が変わり
体が入ることでねじられたような斜めのトレープが際立つ個性的なデザイン
カジュアルな素材感で気負いなく女性らしさをプラス出来る一枚


Designer:田中 崇順
2011年より、松本氏とデザインチームとしてdivka(ディウカ)を設立
ロンドンのセントラル・セント・マーティンズ美術大学在学中からJohn Galliano、Christian DiorやMiki Fukaiで経験を積む。C&W/H&B Student Fashion Award UKでは2004年にファイナリスト、2005年優勝、翌年、International Competition “ITS#5″にてファイナリストに選考される。2006年、同校をファーストクラスで卒業。

Pattern Cutter:松本 志行
文化ファッション大学院大学在学中から合同展示会にて作品を発表するなど精力的に活動。
現在、divkaのパターンカッターとして活動する傍ら、数々のブランドのパターンに携わる。

L1280201

■ tops (bassike)
¥28,000 + tax

■ shoes (ANN DEMEULEMEESTER)
¥130,000 + tax