Blason de Terre

NEWS

sass & bide 2009 S/S Collection

L1020713.jpg

sass & bide
2009 S/S Collection

■ DENIM (boyfriend)
cotton 100%
size : 24 ,25 ,26
col. worn and torn
¥29,400 (28,000) – sold out

タイトなシルエットがイメージのsass & bide
このboyfriendという型は、ゆるいシルエットにダメージ加工
まるで、メンズサイズのデニムを穿いてしまったようなシルエットは
かえって女性らしさが際立つ

Designer : Sarah Jane Clarke , Heidi Middleton (Australia)
1999年、幼なじみの二人がそれぞれのニックネームをブランド名にして立ち上げる。
最初のコレクションの、股上が浅くヒップの上がって見えるブーツカットのジーンズ
『East Village』が瞬く間にブームとなった。
01年 シドニーにて初のキャットウォーク
02年 拠点をロンドンに移し、翌年ロンドンコレクションにオフスケジュールで参加
04年 New York fashion Weekに招かれ、2月のコレクションでNYデビュー
それ以来ショーの拠点をNYに移す
05年 フラッグシップストアをシドニーにオープン
sass & bideは現在、母国のオーストラリアはもちろん、アメリカ、イギリス、日本を中心に
30カ国、300店のプレミアムブティックやデパートメントストアで展開されている。

Hazel Brown 2009 S/S Collection

L1020708.jpg

Hazel Brown
2009 S/S Collection

■ BAG
leather
col. BLK
¥78,750 (¥75,000) – sold out

昔バスガイドさんが使っていたような、がま口バッグ
柔らかいレザーにアンティーク加工された金具、手に馴染むしっかりとした持ち手など、
手にした時にデザイナーのこだわりと愛着が感じられる

Designer : Ali Blankley (USA)
カリフォルニアをベースにホームクチュールなコレクションを展開
『私の創るコレクションに共感し着て頂ける方達の為に、可能な限りクチュールでありたい』
そういうアリ・ブランクリーのコレクションは、ホームソーイングにより
1点づつ生み出されていく。

présenté par va-tout

1.jpg

■ Bracelet with Small Rings
sv925 / 18k gold
rhodolite garnet / champagne garnet / white topaz / baroque pearl
¥168,000 (¥160,000)

39個の小さな指輪のついたブレスレット
『小さい指輪がたくさんあると楽しい。それをいっぺんに身につけるには・・』
という発想からうまれたこのブレスレットは、プレザンテ・パ・バトゥの代表作
身につける側はもちろん、それを見る側の目も楽しませるだけの存在感があり、
且つ繊細な印象を与える

Designer:伊東 朋美
2005年、玉川大学金属工芸学科卒。在学中exchange programにてGoldsmiths College,
London UniversityのFine Artを専攻。
留学中、Erickson Beamonの工房で働く。
日本以外では現在、LondonのDover Street Marketでもコレクションを展開。

droit fil 2009 S/S Collection

L1020485.jpg
droit fil
2009 S/S Collection

■ Piggy pants
linen 60% / cupra 38% / pory 2%
size 01
col. BLK , BROWN
¥21,000 (¥20,000) – sold out

今期のトレンドアイテム、サルエルパンツ
着用時のシルエットが美しく、麻のパリッとした素材感が新鮮

Designer : AW (Japan)
数々のブランドにパターンを依頼されるパターン、
パターンカッターのスペシャリストAWがリリースしたブランド。
その美しいパターンには定評がある。
人前に出るのは得意じゃないというデザイナーは敢えて氏名は公表していないが、
単に流行を追いかける服ではなく長く着られて飽きない服を作っていきたい、
また、その想いが袖を通した時にお客様に伝われば・・という想いが込められている。
素材にデッドストックのヴィンテージファブリックを多用している為
限定生産される物が多い。

*雑誌 「GINZA」 4月号 P.267 に掲載して頂きました。

paul harnden shoemakers 2009 S/S Collection

IMGP0456.jpg
Brighton Beach

paul harnden shoemakers
2009 S/S Collection

シューズ、ウェア共に入荷致しました。

今シーズンのシューズは、レザーにハンドペイント。
履いていくうちにペイントにひびが入り、クラッキングレザーのようなの風合いになっていく
ポールハーンデンならではのマテリアル。
型は、Mary Jane、Buckle Strap、Oxford Shoes

ウェアもまた、ポールハーデンらしい定番のアイテムが揃いました。
素材は、柔らかく肌触りの良いウール、パリッとした触り心地のリネン、
シルクやコットン等、天然素材で作り上げられています。

ぜひ手に取って、ポールハーデンの世界観をお楽しみ下さい。

尚、このブランドは写真の掲載が出来ませんので、商品のお問い合せ等ございましたら
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Designer:paul harnden
1959年カナダ生まれ。
大学卒業後、渡英し靴作りを学ぶ。その後、ジョン・ロブ(JOHN LOBB)で木型職人として働く。
87年、イギリスにて自身のブランドとしてハンドメイド・シューズの制作を開始したことが
「paul harnden shoemakers」の始まり。現在はメンズ・レディースウエアも展開する。
98年イギリスのブライトンに移住し、現在はブライトンにて制作。
自然をテーマとし、レザーシューズは軽さと丁寧ななめしによる柔らかさが特徴。
比較的大きめのサイズ設定となっており生産数が少なく、
世界でも限定されたショップのみで取り扱われている。